サービス内容

受託解析

センチュリテクノは設立されて以来、構造解析のスペシャリストとして、お客様の様々なニーズにお答えしてきました。そのなかでも受託による構造解析は業務の中核を担っております。自社開発ソフトの「ISCEF」を駆使して、豊富な経験を基にシンプルな問題から高度な解析まで迅速に対応いたします。自社開発ソフトの利点を最大限に生かして、プログラムの特質、内容を熟知したきめ細かなサービスのご提供が可能です。各種の構造物や地盤等の静的動的応力解析をはじめとして浸透流解析、温度履歴解析等においても豊富な実績を有しており、熟練技術者がお客様のご要望を迅速かつ的確に把握し、ご満足頂ける成果をご提供いたします。
また、大型汎用アプリケーションプログラムを用いた解析においても数多くの実績を有し、お客様の様々な問題に柔軟に対応することができます。

ソフト開発業務(受託開発)

今まで培ってきた土木構造解析業務と最先端のソフトウェア開発技術を融合することにより、お客様の様々なニーズを、最適な形にシステム構築を行います。

(1)アプリケーションソフト新規開発
フルカスタム(お客様のご希望通り)ソフトの新規開発を行います。
(2)既成ソフトの修正(移植)
Windows向けソフトに移植を行います。
A) DS/DOSソフトのWindows向けソフト化 DS/DOS向けに(BASIC等で)開発されたソフトを、Windows上で実行できるソフトに移植します。
B) 大型機器(EWS,汎用機向け)ソフトのダウンサイジング Fortran等で開発され、大型機器で稼動しているソフトを、Windows上で実行できるソフトに移植します。
インターフェイス(入出力)機能の開発も行います。
(3)表計算ソフト( MS/EXCEL等 ) シート作成
表計算ソフトでも、高度な計算が行えます。
(1) 関数(数式・判断)を入れたシートの作成
(2) マクロシートの作成
(3) VBAを用いた簡易ソフトの作成
(4)FEMAP
FeampApi関数を使用して、Feampと連動したソフトの開発を行います。
オリジナル機能の作成や、モデル化、後処理などの作業をプログラム化し作業の効率化を実現します。

取り扱うソフトは基本的に、土木構造物の解析・設計関連となります。
基本ソフト(OS)は、マイクロソフト社のWindows 7、10とします。

ソフトウェア販売

ISCEF
(Integrated Software for Civil Engineering Fluid-structure interaction system)

センチュリテクノは自社開発ソフトウェア「ISCEF(アイセフ)」の販売を行っています。コンクリート構造物ひび割れ追跡機能等により地盤、岩盤およびそれに関連する構造物の解析を得意としていますが、汎用性が高く(二次元・三次元問題、静的・動的問題、線形・非線形問題等)一般構造解析においても充分な機能を発揮いたします。また、自社開発ソフトウェアであるため、機能の改良や拡張の他、使用にあたってのサポート等の保守性に優れています。

ISCEFの詳細
FEMAP

有限要素法汎用プリポストプログラムとして豊富な実績を有している「FEMAP」の販売を行っています。「FEMAP」は「ISCEF」のプリポストとしても使用されていますが「FEMAP」のみの販売も可能です。

このページのTOP